ホーム>新歓

​新入部員募集しています!

glee.jpg

 関西学院グリークラブは、1899年から活動を開始し、今年で活動123年目になる男声合唱団です。

 私たちの活動は、週4回の練習と、様々な場所での演奏会への出演をしています。「えっ、練習多くない?」と思った人もいるかもしれません。たしかによくある大学の学生団体と比較すると活動量は多いものになっています。しかし、全日本合唱コンクールで金賞を目指すには、演奏会でより良い演奏を行うには、通ることになる過程なのです。そして、その多い練習を経て行った演奏で賞を頂いたとき、演奏会が終わって拍手を頂いたときの達成感はとても大きいものです。

 部員の半数以上は大学生から合唱を始めた人たちです。合唱をしたことがなくても問題ありません。大学生活で何か力を入れて頑張ってみたい人、歌うことが好きな人、日本一を目指したい人、一緒に合唱をやってみませんか?

​専属マネージャーも大募集!

 関西学院グリークラブには、専属マネージャーが16人所属しており、男子部員の演奏をより良いものにするため、演奏会の統括やチケット販売等を行っています!就活に役立つお仕事盛りだくさんで、先輩後輩問わずとても仲が良いです!

 少しでも興味があれば、ぜひ声かけてくださいね!

 関学グリーの一員として、みんなで全国目指しましょう!みなさまの入部お待ちしています♪

manager.jpg

Twitter

Instagram

​卒部生の声

IMG_1485.JPG.jpg

天野 大助
(2020年度卒, Bass, パートリーダー)

 入学式で歌っていた先輩達の歌声に衝撃を受け、音楽経験はなかったものの体験練習に参加をして入部を決めました。入部後は同期の経験者にライバル心を抱き、追いつくために楽譜を読み込み参考音源を繰り返し聴きました。その結果実力は少しずつ伸びて行き、一年生の終わりには更に上達して部を引っ張って行きたいという思いから自分の代のパートリーダーになりました。

 しかしその後は実力が伸び悩み、チームの皆と上手くコミュニケーションを取ることもできず、練習を休むようになりました。

 けれども、そんな時に手を差し伸べてくれたのが先輩をはじめとした部員の皆でした。もうだめだと思った時に自分の傍にいてくれる、そんな皆のおかげで僕は復帰することができました。

 グリーを続ける中で、僕は大切なことを学びました。それは、上手くいかなくても努力を続けることで必ず見えてくるものがあるということです。

 これだけ一つのことに真剣に取り組める機会はなかなかありません。何か新しいことを始めたい、自分を成長させたいと考えている新入生のみんな、ようこそグリークラブへ!

IMG_1482_edited.jpg

津田 祥吾さん
(2018年度卒, Bass, 会計)​

 私が入部したきっかけは、正直に言うと「暇だったから」である。グリークラブに入ったことで暇はつぶれ、すごく充実した大学生活を送ることができた。しかし、それ以上に合唱に魅了されていったのであった。

  心に響く詩、気持ち昂ぶる日本民謡、ハーモニーの美しい聖歌。テナーで綺麗なメロディを歌うもよし、ベースで下から支えるもよし。自パートの音と他パートの音が響き合って、一音ごとに複雑に色を変えていく。そんな魅力たっぷりの合唱にハマっていった。

  社会人になってまだそこまで経ってないが、今でも合唱曲を聴くことはあり、日常の一部となってしまった。これから生涯を通した暇つぶしになることだろう。こんな生涯を通した暇つぶしの候補として、年齢を問わず身体一つでできる合唱はおすすめである。

  グリークラブはいつでも誰でも歓迎している。

IMG_1486_edited.jpg

渡邉 岳
(2020年度卒, Tenor 1, 出版部門)

 心機一転、大学では何か新しいことを始めたい!という方、多いんじゃないでしょうか。そういった人にこそ、僕はグリークラブをおすすめしたいです。

 グリークラブで活動する中で、初めてお客さんから「感動しました!」と言ってもらったとき、自分にも人の心を動かす力があるのか!と、新たな自分自身の価値を知り、以前よりも自分を好きになれました。三年前は僕も新しいこと始めたい族でしたが、新しいことを始めることの魅力って、自分の新しい面を見つけられるところにあるのだと今になって思っています。

 関西学院グリークラブの活動は割と多岐にわたります。コンクールに出場する、企業などから依頼されてイベントで歌う、自分たちで演奏会を開き運営する、など。そんな多様な活動をするからこそ、自分が輝ける場所を見つけやすいです。入部に必要なのは「歌うことが好き」ということだけ。グリークラブで僕らと一緒に新たな自分を見つけて、自分をより好きになってほしいなと思います。

IMG_1483_edited.jpg

兵頭 ひよりさん
(2019年度卒,専属マネージャー)

 私が大学4年間続いた唯一のことがグリークラブでの活動です。専属マネージャーの主な仕事は演奏会の運営やお客様の対応などですが、楽しい仕事かと言われるとそうではないかもしれません。責任ある仕事もたくさんあります。しかし、ここでの活動はなかなか経験できるものではないと思います。演奏会後に大勢のお客様から直接感謝の言葉をいただく時やお客様の笑顔を見た時、とてもやりがいを感じられ、歴史と実績のあるグリークラブの一部員として誇らしく思います。

 グリークラブで過ごした4年間は本当にあっという間でした。新入生の皆さんにとって、グリークラブが大学生活を楽しめる要因になればいいなと思っていなす。

IMG_1487_edited.jpg

林 浩平さん
(2019年度卒, Bass, 部長)

『あの関西学院グリークラブ出身なんですか!』

 

 この会話から生まれるコミュニケーションは計り知れません。関西学院グリークラブで過ごした一瞬は、社会に出ると「永遠の価値」に変わります。

 大学の4年間というのは、二度と返ってこないぐらい色々な物が手に入れられる時期です。値段を付けられないような宝石がいっぱい入った宝石箱を渡されて、宝石をポケットに好きなだけ入れてもいい時間です。

 しかし、宝石をポケットに詰め込むか詰め込まないかは、皆さん次第。卒業する時にポケットに何も入っていない自分が仕事をしても、ポケットに宝石が入っていない事は大人の人には分かってしまいます。

 「あの関西学院グリークラブ出身ですか!」と多くの社会人が口にするのは、この団体で多くの部員が沢山の人に支えてもらいながらも、ギラギラに輝く宝石を沢山手に入れている事の証です。

 

 ここに眠っている宝石は何なのか。自らの足で確かめてみてください。

IMG_1484.JPG.jpg

森 香苗さん
​(2017年度卒,専属マネージャー)

 このページをご覧になって、「合唱部なのにマネージャー?」と思われた方もいるのではないでしょうか。

 私もそう思います。文化部のマネージャーって珍しいですよね。

グリークラブのマネージャーは、その存在だけではなく、やっていることも珍しいんです。

 それは、「学生が主体となる部活の運営」です。

自分たちで考えて実行するからこそ、味わえる達成感があります。

もしかしたら、「学生なのにこんなこともやるの?」という経験もできちゃうかもしれません。

(詳しいことは新歓で!)

 そんな経験を、”日本一を目指す”、”120年の歴史を持つ”団体で積める。こんな機会はなかなかないと思います。

 私は、合唱に興味があったわけではないので、勧誘を受けて入部しました。

それでも、ここで過ごした4年間は一生の思い出になったと断言できます。

皆さんにとっても、きっとそうなるはずです。

 

せっかくの大学生活です。新しいことに挑戦してみませんか?

​グリークラブホールへの行き方
ホール地図 (2).png
​新歓イベント等、今後随時更新予定です!
​📌入部希望・お問い合わせはこちらから